Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

マガジン

  • Parole編集部ノート

    ラボラトリオの最新情報はこちら

  • やそマガジン

    やそとは八十。すなわち“すべて”の意。ラボラトリオ研究員たちの本音がここに。

  • 「はふりこと」まとめ

    リアルタイム配信システム「はふりこと」より、ツイートをまとめた記事となりますPaloreにおきましても「はふりこと」と連動し、展開をしてまいります こちらは時系列に過去より並びますので、Twitterとは違った見え方でご覧いただけます過去・現在・未来を自在に使うということにおいてこちらのまとめ記事をご活用ください

  • 構文ファブリカ

    構文の説明やラーニングも入れていきます

  • 今日のことば

    私たちのグループでは、日々の朝拝の後に、その時に最も重要と思われる情報をグループ長から共有しております。 スタッフ一人ひとりの心のあり方から社会情勢にいたるまで、多岐にわたるテーマの中から、本誌をお読みくださっている皆さまにもご活用いただける内容を厳選してお届けいたします。

ウィジェット

記事一覧

一茶にあらず

執筆:ラボラトリオ研究員   畑野 慶 “しがついっぴ” の語感は凛として、何かが始まる号令のようだ。 襟を正す思いになるだろうか。反発する思いになるだろうか。 …

Parole
2年前

ロゴストロン信号 (その2)

執筆:ラボラトリオ研究員 鴨 奢摩他(かものしゃまた) ロゴストロンという装置自体は無線通信機器ではないので、意図的に電磁波を発信する機能はありません。 しかし…

Parole
2年前

飽きるまで

執筆:ラボラトリオ研究員 猪早 圭 ただいま情の階層を ペロリと 味わっているところであります ・・・・・・・・・・ 【猪早 圭(いのはや けい) プロフィール】 高…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.021

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 3.12.「質量数8」の壁を乗り越えると天体(星・銀河)創造の宇宙が始まる 「宇宙の晴れ上がり」直後は、宇宙は水素やヘリウムなど…

Parole
2年前

文学理論「フォルマリズム」と短詩型文学

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 君は日々、熱心に勉強し、「確かな」審美眼を養っている。しかし、人をみて、句をみていない。偉大なる紀貫之や正岡子規が詠む詩歌で…

Parole
2年前

キラ✨メンタルDNA 〜なぜ、DNAは設計図と呼ばれるのか〜

執筆:ラボラトリオ研究員 きむら真 前回の記事では、DNAについて知るメリットと、人生の大局の源として大きなパワーにつながることについて触れました。 今回は、DNAの…

Parole
2年前
一茶にあらず

一茶にあらず

執筆:ラボラトリオ研究員   畑野 慶

“しがついっぴ” の語感は凛として、何かが始まる号令のようだ。

襟を正す思いになるだろうか。反発する思いになるだろうか。

いずれにしても、いっぴという読み方は、やはり四月が良く似合う。

朔太郎はこの日が誕生日である。

詩人の萩原朔太郎と同じで、朔日に生まれたから朔太郎だ。一日は朔日とも言い換えられるわけだが、当初の命名案は一日と書いていっぴだった。

もっとみる
ロゴストロン信号 (その2)

ロゴストロン信号 (その2)

執筆:ラボラトリオ研究員 鴨 奢摩他(かものしゃまた)

ロゴストロンという装置自体は無線通信機器ではないので、意図的に電磁波を発信する機能はありません。

しかし、今までみてきたように、あたかもラジオ放送されるかのようにロゴストロン信号が空中に飛んでいっています。このロゴストロン信号を空中に送り出している仕組みはどうなっているのでしょうか?

皆さんは、家電製品からも電磁波が出ていることを聞いた

もっとみる
飽きるまで

飽きるまで

執筆:ラボラトリオ研究員 猪早 圭

ただいま情の階層を
ペロリと
味わっているところであります

・・・・・・・・・・

【猪早 圭(いのはや けい) プロフィール】
高校時代に自身に起こった「0目惚れ」体験の衝撃を和らげるため言葉による癒しを始める。大学五年時に徒歩にて日本列島を縦断。
好きな漫画:『道士郎でござる』

◎著書
・僕はその人のようになりたい(詩集)
・真夏の邂逅(旅行記)

もっとみる
この宇宙はプラズマでできている vol.021

この宇宙はプラズマでできている vol.021

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰

3.12.「質量数8」の壁を乗り越えると天体(星・銀河)創造の宇宙が始まる

「宇宙の晴れ上がり」直後は、宇宙は水素やヘリウムなどの原子ガスが漂う空間を光(電磁波)とニュートリノが飛び回っている宇宙です。星や銀河などの天体がまったく存在しない宇宙なのです。前述しましたが「暗黒時代」とも呼ばれている宇宙です。

宇宙が次のステージに相転移するためには、重い原子

もっとみる
文学理論「フォルマリズム」と短詩型文学

文学理論「フォルマリズム」と短詩型文学

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺

君は日々、熱心に勉強し、「確かな」審美眼を養っている。しかし、人をみて、句をみていない。偉大なる紀貫之や正岡子規が詠む詩歌であるから「良い」ものなのだろうか。ときに、作者と「作品」は切り離されることも重要である。テクストのみから得られる情報に注目してみたらどうだろうか。

(架空の文学者から私への助言)

小説や詩のみならず、俳句や短歌という文学を文学たらし

もっとみる
キラ✨メンタルDNA
〜なぜ、DNAは設計図と呼ばれるのか〜

キラ✨メンタルDNA 〜なぜ、DNAは設計図と呼ばれるのか〜

執筆:ラボラトリオ研究員 きむら真

前回の記事では、DNAについて知るメリットと、人生の大局の源として大きなパワーにつながることについて触れました。

今回は、DNAの大事な役割の一つである私たちの身体の設計図としての役割についてご紹介させていただきます。

DNAの役割と細胞の生命活動の基本的なことがわかると、昨今騒がれているウイルス感染、増殖のメカニズムの理解にもつながる、といった利点もあり

もっとみる