Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵まれているとはいえないものであったが、歌人として卓越した才能を発揮した。天…

縄文人に見る “祈りと感謝” の精神文化〜その2〜

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 土器の発明・制作・利用の歴史が、縄文文明発展への引き金となった。 縄文土器の多くは、飾って眺めるためにつくられたものではない。…

”未来が「みえます」”〜2020年4月30日 はふりめく〜

講  話:一般社団法人 白川学館代表理事 七沢賢治 要約編集:Parole編集部 文責 大野靖志 【こちらの記事は全文を無料公開させていただいています】 Q. 昨日の新聞で…

【朗読】時間の概念を超えてゆく学び〜4月27日 はふりめく〜

00:00 | 00:30

Q. 土日にGコードの第一回目講義がおこなわれた。今回はリアルでの開催はかなわなかったが、甲府の祝殿と受講生をオンラインでつないで実施したことで、リアルタイムで受…

【朗読】御国体机と日本〜4月24日 はふりめく〜

00:00 | 00:30

Q. 明日からいよいよGコードが始まるが、その中で宇宙の鎮魂というのが一つの大きなテーマになっていると思う。その中で、黒曜石がアルメニア産ということで、先生に以前…

縄文人に見る “祈りと感謝” の精神文化〜その1〜

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 縄文人は、祈りと感謝の精神文化を頑なに守り続け、1万年もの長きにわたって自然循環型文明を築きあげてきた。 「縄文とは何か?」の…