Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

マガジン

  • Parole編集部ノート

    ラボラトリオの最新情報はこちら

  • やそマガジン

    やそとは八十。すなわち“すべて”の意。ラボラトリオ研究員たちの本音がここに。

  • 「はふりこと」まとめ

    リアルタイム配信システム「はふりこと」より、ツイートをまとめた記事となりますPaloreにおきましても「はふりこと」と連動し、展開をしてまいります こちらは時系列に過去より並びますので、Twitterとは違った見え方でご覧いただけます過去・現在・未来を自在に使うということにおいてこちらのまとめ記事をご活用ください

  • 構文ファブリカ

    構文の説明やラーニングも入れていきます

  • 今日のことば

    私たちのグループでは、日々の朝拝の後に、その時に最も重要と思われる情報をグループ長から共有しております。 スタッフ一人ひとりの心のあり方から社会情勢にいたるまで、多岐にわたるテーマの中から、本誌をお読みくださっている皆さまにもご活用いただける内容を厳選してお届けいたします。

ウィジェット

記事一覧

Shifting from the Knowledge Charter to the Information Chart…

Lecturer: Kenji Nanasawa, Representative Director of General Incorporated Association Shirakawa Gakkan Editor: Parole Editorial Section, Yasushi Ohno, superviso…

Parole
2年前

What can we learn from going beyond the concept of time? - H…

Lecturer: Kenji Nanasawa, Representative Director of General Incorporated Association Shirakawa Gakkan Editor: Parole Editorial Section, Yasushi Ohno, superviso…

Parole
2年前

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵まれているとはいえないものであったが、歌人として卓越した才能を発揮した。天…

Parole
2年前

縄文人に見る “祈りと感謝” の精神文化〜その2〜

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 土器の発明・制作・利用の歴史が、縄文文明発展への引き金となった。縄文土器の多くは、飾って眺めるためにつくられたものではない。土…

Parole
2年前

”未来が「みえます」”〜2020年4月30日 はふりめく〜

講  話:一般社団法人 白川学館代表理事 七沢賢治 要約編集:Parole編集部 文責 大野靖志 【こちらの記事は全文を無料公開させていただいています】 Q. 昨日の新聞で…

Parole
2年前

【朗読】時間の概念を超えてゆく学び〜4月27日 はふりめく〜

00:00 | 00:30

Q. 土日にGコードの第一回目講義がおこなわれた。今回はリアルでの開催はかなわなかったが、甲府の祝殿と受講生をオンラインでつないで実施したことで、リアルタイムで受…

Parole
2年前
Shifting from the Knowledge Charter to the Information Charter - Hafurimeku on April 28th

Shifting from the Knowledge Charter to the Information Charter - Hafurimeku on April 28th

Lecturer: Kenji Nanasawa, Representative Director of General Incorporated Association Shirakawa Gakkan
Editor: Parole Editorial Section, Yasushi Ohno, supervisor

Q.
In this G-code seminar, the lectur

もっとみる
『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺

紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵まれているとはいえないものであったが、歌人として卓越した才能を発揮した。天皇より古今和歌集の撰者に任命され、和歌のみならず序文の執筆も担当し、また多くの貴族より屏風絵の歌を依頼される等、職業歌人としての生涯は輝かしいものであった。

私が数ある歌人のなかで、紀貫之を選び執筆している理由は好みの問題だけではない

もっとみる
縄文人に見る “祈りと感謝” の精神文化〜その2〜

縄文人に見る “祈りと感謝” の精神文化〜その2〜

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰

土器の発明・制作・利用の歴史が、縄文文明発展への引き金となった。縄文土器の多くは、飾って眺めるためにつくられたものではない。土器の内外面には、しばしば食物の残り滓が焦げついて薄膜状に付着し、煤の付着あるいは火熱による二次的な変色が底部に見られる。つまり縄文土器は、容器の形態をしてはいるが、たんなる食物などを一時的、あるいは長期的に蓄えたりするものではなく、ほと

もっとみる
”未来が「みえます」”〜2020年4月30日 はふりめく〜

”未来が「みえます」”〜2020年4月30日 はふりめく〜

講  話:一般社団法人 白川学館代表理事 七沢賢治
要約編集:Parole編集部 文責 大野靖志

【こちらの記事は全文を無料公開させていただいています】

Q.
昨日の新聞で、このコロナの影響を受けて自殺者が出たとか、刃物で人を襲うような人が出てきたということを目にした。アメリカでは民兵が立ち上がるなど、ロックダウンを解除させるために暴力的な動きも出てきている。そのような状況のなかで、明日から

もっとみる

【朗読】時間の概念を超えてゆく学び〜4月27日 はふりめく〜

講 話:一般社団法人 白川学館代表理事 七沢賢治 要約編集:Parole編集部 文責 大野靖志

00:00 | 00:30

Q.
土日にGコードの第一回目講義がおこなわれた。今回はリアルでの開催はかなわなかったが、甲府の祝殿と受講生をオンラインでつないで実施したことで、リアルタイムで受講者から質問を受けるなど、その場で反応が感じられることも多かった。また「荒魂を発動させることが必要だとわかった」という感想も多く、この状況のなかで自らが主体となって人のためにできることをしていきたい、という人が多い印象で心強く思った。

もっとみる