Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

【まとめ】2021年9月13日〜9月18日のはふりこと

はふりめく 4話より 2016年11月23日 自分の声をよく聞いて、みんなの響きをよく聞いて、その中で一番気持ちの良いところで(お祓いを)あげればいい (お祓いにおいて、)…

【まとめ】2021年9月8日〜9月11日のはふりこと

静止エネルギーを使って世界を平和にするということです 若い人が、いっぺんに静止エネルギーなんて分かるわけないんだよね。けれども、祓いも鎮魂も言霊も、最小限のエネ…

悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃる 花山天皇は、白川のおみちが出来る前の神祇について、苦心された

花山法皇像 - 出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp/collection_items/kyohaku/A甲52) 皇霊祭ということでも、悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃいます 白川を立…

祭祀の仕方を天皇家から学んでいる 春季皇霊祭・秋季皇霊祭で思い起こして、各家々でそれぞれに祭祀をする

要するに、祭祀の仕方を、天皇家から民が学んでいるということです それを白川でしっかりとお支えし、お伝えして来たと 明治以前に行われていた、春季皇霊祭・秋季皇霊祭で…

歓喜の神を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現していこう

ベートーベンで言えば250周年で、第九のところでもあろうかと思いますが、歓喜の神の存在を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現…

小さな電子、DNA、タンパク質やアミノ酸も動くことが当たり前であるが、あえて静止しているということ

動かないことなんて、無いわけです 小さな電子から、DNAもそうです 人間のタンパク質、アミノ酸や糖質も回転しているのであって、人間が動かないわけはなくて、動くのが当…