Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

Parole

ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

マガジン

  • Parole編集部ノート

    ラボラトリオの最新情報はこちら

  • やそマガジン

    やそとは八十。すなわち“すべて”の意。ラボラトリオ研究員たちの本音がここに。

  • 「はふりこと」まとめ

    リアルタイム配信システム「はふりこと」より、ツイートをまとめた記事となりますPaloreにおきましても「はふりこと」と連動し、展開をしてまいります こちらは時系列に過去より並びますので、Twitterとは違った見え方でご覧いただけます過去・現在・未来を自在に使うということにおいてこちらのまとめ記事をご活用ください

  • 構文ファブリカ

    構文の説明やラーニングも入れていきます

  • 今日のことば

    私たちのグループでは、日々の朝拝の後に、その時に最も重要と思われる情報をグループ長から共有しております。 スタッフ一人ひとりの心のあり方から社会情勢にいたるまで、多岐にわたるテーマの中から、本誌をお読みくださっている皆さまにもご活用いただける内容を厳選してお届けいたします。

ウィジェット

記事一覧

悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃる 花山天皇は、白川のおみちが出来る前の神祇について、苦心された

花山法皇像 - 出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp/collection_items/kyohaku/A甲52) 皇霊祭ということでも、悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃいます 白川を立…

Parole
1年前

祭祀の仕方を天皇家から学んでいる 春季皇霊祭・秋季皇霊祭で思い起こして、各家々でそれぞれに祭祀をする

要するに、祭祀の仕方を、天皇家から民が学んでいるということです それを白川でしっかりとお支えし、お伝えして来たと 明治以前に行われていた、春季皇霊祭・秋季皇霊祭で…

Parole
1年前

歓喜の神を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現していこう

ベートーベンで言えば250周年で、第九のところでもあろうかと思いますが、歓喜の神の存在を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現…

Parole
1年前

小さな電子、DNA、タンパク質やアミノ酸も動くことが当たり前であるが、あえて静止しているということ

動かないことなんて、無いわけです 小さな電子から、DNAもそうです 人間のタンパク質、アミノ酸や糖質も回転しているのであって、人間が動かないわけはなくて、動くのが当…

Parole
1年前

「祓い」「鎮魂」「言霊」の道 科学性を大上段に、ある面では振りかぶって、誤りのない人類の道として明らかにしよう

その時に、この3つの道を学んでいくということの、科学性というものを大上段に、ある面では振りかぶって、その道として誤りのない、人類の道としてこれを明らかにしようと…

Parole
1年前

鎮魂祭 魂と天皇霊がしっかりと結合できるようにという、結びの為の祭り

大嘗祭の前に鎮魂祭をするわけですが、八神の結合するときに造られるエネルギー場が、魂と天皇霊がしっかりと結合できるようにという、結びの為の祭りとなります これはや…

Parole
1年前
悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃる 花山天皇は、白川のおみちが出来る前の神祇について、苦心された

悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃる 花山天皇は、白川のおみちが出来る前の神祇について、苦心された

花山法皇像 - 出典:ColBase
(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/kyohaku/A甲52)

皇霊祭ということでも、悲劇の天皇様や、上皇様がいらっしゃいます
白川を立てる原因になったという花山天皇は、この白川のおみちというものが出来る前の神祇について、苦心された方です
白川がおみちというものだけの時代もあったのですが、花山天皇はそれを

もっとみる
祭祀の仕方を天皇家から学んでいる 春季皇霊祭・秋季皇霊祭で思い起こして、各家々でそれぞれに祭祀をする

祭祀の仕方を天皇家から学んでいる 春季皇霊祭・秋季皇霊祭で思い起こして、各家々でそれぞれに祭祀をする

要するに、祭祀の仕方を、天皇家から民が学んでいるということです
それを白川でしっかりとお支えし、お伝えして来たと
明治以前に行われていた、春季皇霊祭・秋季皇霊祭で、白川がお伝えしてきた方法を、我々がもう一度思い起こして、各家々でそれぞれに祭祀をするということです

『はふりこと』より 〜 2021-08-20
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/142

もっとみる
歓喜の神を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現していこう

歓喜の神を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現していこう

ベートーベンで言えば250周年で、第九のところでもあろうかと思いますが、歓喜の神の存在を実感しながら、その世界を喜びあえる、人と人、人と自然、人と神という中で実現していこう、ということが、この時代に我々に残されたことだということですね

『はふりこと』より 〜 2021-08-18
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/14279689085400801

もっとみる
小さな電子、DNA、タンパク質やアミノ酸も動くことが当たり前であるが、あえて静止しているということ

小さな電子、DNA、タンパク質やアミノ酸も動くことが当たり前であるが、あえて静止しているということ

動かないことなんて、無いわけです
小さな電子から、DNAもそうです
人間のタンパク質、アミノ酸や糖質も回転しているのであって、人間が動かないわけはなくて、動くのが当たり前なのですが
その中で、あえて静止しているということですね
細かく言えば、動いているのですが

『はふりこと』より 〜 2021-08-16
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1427

もっとみる
「祓い」「鎮魂」「言霊」の道 科学性を大上段に、ある面では振りかぶって、誤りのない人類の道として明らかにしよう

「祓い」「鎮魂」「言霊」の道 科学性を大上段に、ある面では振りかぶって、誤りのない人類の道として明らかにしよう

その時に、この3つの道を学んでいくということの、科学性というものを大上段に、ある面では振りかぶって、その道として誤りのない、人類の道としてこれを明らかにしようという、そういう精神でやらせていただいているということになるわけです

『はふりこと』より 〜 2021-08-09
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1424621336186351623

もっとみる
鎮魂祭 魂と天皇霊がしっかりと結合できるようにという、結びの為の祭り

鎮魂祭 魂と天皇霊がしっかりと結合できるようにという、結びの為の祭り

大嘗祭の前に鎮魂祭をするわけですが、八神の結合するときに造られるエネルギー場が、魂と天皇霊がしっかりと結合できるようにという、結びの為の祭りとなります
これはやはり、五魂でなければなりません

『はふりこと』より 〜 2021-08-03
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1422525062226141185

こちらはリアルタイム配信システム『は

もっとみる