よみやま話

136

意識と無意識の際(はざま)には、何があるのだろうか【前編】

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 日本文化の知識体系をふまえた 言霊五十音の響きがある。 …

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その4【最終回】

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 いよいよ最後の締めくくりです。 “僕の頭の中に誰かがい…

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その3

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 <恐怖体験は脳に記憶される。 そして恐怖体験は千差万別…

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その2

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 <思い込むための機能>とは、幻影を創り出す機能でもある…

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その1

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 たとえば憑依とかって、脳が創り出した幻影じゃないかしら…

「ゼロ・ポイント・フィールド」を科学すると、 <中今>が見えてくる、そしてNLB(非…

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 アービン・ラズロは、情報体としての宇宙をアカシック・レ…

「ゼロ・ポイント・フィールド」を科学すると、 <中今>が見えてくる、そしてNLB(非…

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 さて、今回のお話は、ゼロ・ポイント・フィールドですが、…

大和言葉、すなわち『言霊』の力。 日本人としての目覚め〈後編〉

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 日本語の響きの中に、“言霊の神々しさ”を感じたという …

大和言葉、すなわち『言霊』の力。 日本人としての目覚め〈前編〉

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 麻尼(まに)を以(もつ)て構成された高天原(たかあまはら)の…

日本という、このすばらしい国 その17【最終回】

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 ”オリジナル”を生み出すことに長けた、日本 前回の話の…