マガジンのカバー画像

よみやま話

138
科学の言葉で紐解く、言霊量子論
運営しているクリエイター

#ビッグバン

タキオン粒子~最初から超光速の粒子なら存在してもかまわない~

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 1.前提条件 相対性理論では、どんなに物体を加速しても…

Parole
1年前

この宇宙はプラズマでできている vol.026

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 4.5.地球上に生まれた生命の進化 ここで、本レポートは、…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.023

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 宇宙開闢から137億年経過した今日まで、宇宙ではいったい…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.022

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 3.13.宇宙には、約2兆個の銀河が存在する 3.14.その2兆…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.021

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 3.12.「質量数8」の壁を乗り越えると天体(星・銀河)…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.019

執筆:ラボラトリオ研究員  杉山 彰 3.10.「ヘリウム4」と「質量数8の壁」の事象と類比す…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.018

執筆:ラボラトリオ研究員  杉山 彰 3.9.ビッグバン宇宙は「宇宙の晴れ上がり」時点で、その役割を終えたこの項は、和田純夫氏が著された「宇宙創生から人類誕生までの自然史」から引用してみたいと思います。説明がややこしいのですが、登場する数字に注目していただきたいのです。この後に言及する「言霊百神」の「創造の序曲」、「大行(父母音の産霊)」ときわめて類比性があるのです。では、引用を始めます。 水素やヘリウム以外の重い原子の生成がビッグバン宇宙(宇宙が晴れ上がるまでの38万年

スキ
26

この宇宙はプラズマでできている vol.017

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 3.7.原子が登場して、宇宙が晴れ上がった 前回までが、…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.014

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 2.6.「・・・プラズマ状態・・・」以降の宇宙の様子 「17…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.013

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 2.5. インフレーション宇宙がビッグバン宇宙に相転移した…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.012

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 2.4.宇宙森羅万象のすべての物質は、この17種類の物質か…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.009

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 2.1.「言霊開眼」に記述されている 〈宇宙剖判〉小笠原孝…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.006

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 1.7.そして、超高温・超高密度のプラズマ宇宙が誕生した…

Parole
2年前

この宇宙はプラズマでできている vol.005

執筆:ラボラトリオ研究員  杉山 彰 1.5. 宇宙創生から10の-44乗秒後、インフレーション宇宙が誕生した。 時空の壁をすり抜け、「宇宙の種」として相転移したことにより生まれた宇宙は、その後どうなったか。 10の-44乗秒後(~10の-34乗秒後に収束)に、インフレーション宇宙へと、さらに相転移したのでした。 インフレーション宇宙は、我が国の物理学者:佐藤勝彦、米国の宇宙物理学者アラン・グースらによって提唱された「インフレーション理論」に基づく宇宙論です。

スキ
41