マガジンのカバー画像

よみやま話

138
科学の言葉で紐解く、言霊量子論
運営しているクリエイター

#脳

車椅子レーサー、 タチアナ・マクファデンにおける“超適応”

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 車椅子レーサー、タチアナ・マクファデンにおける、“超適…

Parole
1年前

21世紀のコミュニケーションツール。 意識進化を加速させる、高速学習システムとし…

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 たった一文字のFOXP2遺伝子が、 地上に君臨した2人類の命…

Parole
1年前

21世紀のコミュニケーションツール。 意識進化を加速させる、高速学習システムとし…

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 言霊を電磁波にのせて脳へ作用させる、 「意識的電磁場」…

Parole
1年前

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その4【最終回】

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 いよいよ最後の締めくくりです。 “僕の頭の中に誰かがい…

Parole
1年前

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その3

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 <恐怖体験は脳に記憶される。 そして恐怖体験は千差万別…

Parole
1年前

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その2

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 <思い込むための機能>とは、幻影を創り出す機能でもある…

Parole
1年前

霊的問題を脳の立場から考えてみよう その1

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 たとえば憑依とかって、脳が創り出した幻影じゃないかしら。 脳が見る風景は、私たちが見ている風景なのか? “脳は、私たちが見ている風景の3%しか見ていない”。 忘れもしません。いまから2年前ほどのことですが、当時、LOGOSOLOGY研究会の講座テキストづくりに追われていた時、脳に関する本を手当たり次第に読みまくっていたときがありました。そんなときにヒョイと手にしたのが池谷裕二氏の<進化しすぎた脳>という本でした。 そこに書かれていた内

スキ
32

言霊量子論 その4

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 無名天地之始有名萬物之母さて、今回の言霊量子論は、「言…

Parole
2年前