マガジンのカバー画像

よみやま話

138
科学の言葉で紐解く、言霊量子論
運営しているクリエイター

#税金

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その8【最終回】

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 農地改革の善と悪農地改革は、言うまでもなく、戦後、占領…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その7

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 土地って何?税金の問題は、土地問題と密接にリンクしてい…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その6

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 ストックオプション課税処分が揺らいだこの揺らぎは、スト…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その5

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 税金の何に不満が発生するのか?税金は安ければ安いほどい…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その4

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 お金が動くと税金がわいてくるお金の流れを川の流れに置き…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その3

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 税金の、いったい何が問題なのか?税を払う人も、税を受け…

Parole
2年前

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その2

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 あちら立てれば、こちらが立たず私たち人間社会は、国王が所有していた「家産」を私的所有財産に分割し、「土地」、「労働」、「資本」という生産要素に私的所有権を設定して、近代国家へと時代を進化させたのです。ですから、近代国家は「無産国家」なのです。国が国家として運営していくための資本、いわゆる資産を何も持たないのです。いままで国王が所有していた領土や資産を、領民たちで分け合ってしまったのですから、無産であることがあたりまえでした。そこで、租税に

スキ
16

税金と土地の問題をもう一度考えてみよう その1

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 税金って何?広辞林によれば、税金とは「租税として納める…

Parole
2年前

あ・かるい貧乏のススメ  その3

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 ビンボーは儲かることがある。だけど、ビンボーは儲かるこ…

Parole
2年前