マガジンのカバー画像

うたのつぶ

38
現代に甦る「短歌・俳句・詩歌」の言霊 “ことのは”
運営しているクリエイター

#短詩型文学

黄金率の里山

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 子高い丘の頂上には松の木がその体をひねりながら天に伸び…

Parole
2年前

夏目漱石著 『 草枕 』 にみる余白の言語化作用

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 文学者でもない素人の私がこの場で小説について述べること…

Parole
2年前

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵ま…

Parole
2年前

短歌にみる一期一会の奇跡

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 令和二年四月、山梨県は桃の花が満開である。桃は、その…

Parole
2年前

文学と健康

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 私はひとつの仮説を立てる。それは風に揺られる一本の葦…

Parole
2年前

文学理論「フォルマリズム」と短詩型文学

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 君は日々、熱心に勉強し、「確かな」審美眼を養っている…

Parole
2年前

釈迢空(折口信夫)氏の歌論にみる短詩型文学の未来

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 くら闇に そよぎ親しきものゝ音。水蘆むらは、そがひなりけり (釈迢空歌集「海やまのあひだ」雲のうへ) 折口信夫氏は民俗学者、国文学者としてだけではなく、釈迢空(しゃくちょうくう)の名で知られる詩人である。あえて歌人といわずに詩人といったのは、古典的な型に縛られない「歌人」であったからである。 短歌といえば、まずは万葉集の学習から始まる。万葉集の歌の調子が色濃く表れた歌は万葉調といわれる。壮大かつ象形的にも整った美しい表現である。しか

スキ
39