マガジンのカバー画像

うたのつぶ

38
現代に甦る「短歌・俳句・詩歌」の言霊 “ことのは”
運営しているクリエイター

#和歌

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵ま…

1年前

国士の威厳

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 春深き此のよき日に、往く人の頭上は淡紅や純白に華やい…

1年前

短歌にみる一期一会の奇跡

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 令和二年四月、山梨県は桃の花が満開である。桃は、その…

1年前

現代俳句と時空の座

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 俳句というと「古い」印象があるだろうか。古語と現代語…

1年前

明治天皇御製にみる明治二十九年の桜

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 三月は、冬の厳しさから開放される季節である。心弾むと…

1年前

甲斐国の俳人・飯田蛇笏氏の句にみる山国の美  〈前編〉

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 ラボラトリオ(和名:文章工房)の拠点である山梨県甲府…

1年前

歌人・佐藤佐太郎氏の短歌にみる日本の美

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 佐藤佐太郎氏は子規以来の万葉調の歌人といわれている。 客観写生を尊び、俳句の伝統的な考え方と響き合うものがある。 俳句の学習から文学の世界へ入った私にとって、大変勉強になる歌であり、好んで拝読している。しかし、歌集には訳や解説はなく、初学者にとって大きな壁であると感じている。 私自身、古語辞典を開きながら鑑賞したが、それができたのも和歌が好きという情熱があったからである。すべての人がそうであるとは限らず、その壁の高さから和歌への興味の

スキ
50

小笠原孝次氏の短歌にみる言の葉の誠の道

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 小笠原考次・七沢賢治著「龍宮の乙姫と浦島太郎(古事記…

2年前

「地球歳時記・いきもののうた Impressions of living thi…

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 俳句は五・七・五のわずか十七音で構成される世界で最も…

2年前

エレヴァンの平和の祈り

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 エレヴァンはアルメニア共和国の首都であり、四季のある…

2年前

『歌会始の儀』にみる気高き精神

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 令和二年一月一六日、「歌会始の儀」が皇居の宮殿「松の…

2年前

付け句のこころみ  故人との対話

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 昨年末、父より次の一句を聞いた。 木枯らしや木立ちを…

2年前