うたのつぶ

38

『貫之集』にみる平安の世界 巻一・一から三二迄の選

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 紀貫之は平安時代に活躍した歌人である。身分は決して恵ま…

月下の里

執筆:ラボラトリオ研究員 七沢 嶺 嗚呼、この時世に夜空を眺めて思索に耽ることは、果たし…

歌人・紀貫之と近代俳句論

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 貫之は下手な歌よみにて、古今集はくだらぬ集に之有り候…

釈迢空(折口信夫)氏の歌論にみる短詩型文学の未来

執筆:ラボラトリオ研究員  七沢 嶺 くら闇に そよぎ親しきものゝ音。水蘆むらは、そがひな…