マガジンのカバー画像

やそマガジン

164
やそとは八十。すなわち“すべて”の意。ラボラトリオ研究員たちの本音がここに。
運営しているクリエイター

記事一覧

ギャラリーふとまにの里 卯月編

執筆:ラボラトリオ研究員 竹内 健 4月は新緑が眩しく、色とりどりの花が咲き始め、 植物たち…

Parole
1年前

ギャラリーふとまにの里 弥生編

執筆:ラボラトリオ研究員 竹内 健 3月に入ると、ふとまにの里の草花が一斉に芽吹き始め、 春…

Parole
1年前

脱マトリックス!理論と実践2021 (最終回)

執筆:いち あまね この時代の人類の進化の方向性として、はっきりとこの世界の仕組みを理解…

Parole
1年前

サムエル・ウルマンの「青春とは」にまつわる話

執筆:ラボラトリオ研究員 I 「表現が面白いので読んでみてください。」 ということで、七…

Parole
1年前

脱マトリックス!理論と実践2021 (vol.26):体と感情・意識⑩〜喉と言霊

執筆:いち あまね この時代の人類の進化の方向性として、はっきりとこの世界の仕組みを理解…

Parole
1年前

青春とは

原作詩:サムエル・ウルマン 自由訳:新井 満 青春とは 真の 青春とは 若き 肉体のなかに…

Parole
1年前

縄文・旧石器時代の祭祀と黒曜石 Vol.3:黒曜石は「黒燿岩」だった!?

リレー連載・執筆:ラボラトリオ研究員 G この度は「黒曜石の謎解きツアー」にご参加いただきまして、誠にありがとうございます。 参加者の皆さま、こんにちは。 本ツアーのコンダクターを務めます迷探偵Gことラボラトリオ研究員Gです。 その後、ご無沙汰しており誠に申し訳ありませんでした。 実は「謎解きツアー」のロケハン中「考古学界」という異界の境界で、しばらくの間、気を失っておりました……^^; どうやら「考古学界」が発する「猛毒」に当たってしまったみたいです。 < 締切破

スキ
13
有料
200

ギャラリーふとまにの里 如月編

執筆:ラボラトリオ研究員 竹内 健 三寒四温。立春を過ぎると、ふとまにの里にも徐々に春の兆…

Parole
1年前

脱マトリックス!理論と実践2021 (vol.25):体と感情・意識⑨〜胸腺

執筆:いち あまね この時代の人類の進化の方向性として、はっきりとこの世界の仕組みを理解…

Parole
1年前

【聞くだけ】 不安が和らぎ災害から守られる『ロゴストロン信号入り音源』

こんばんは、Parole編集部です。 先日、福島県沖を震源とする大きな地震がございました。 被…

Parole
1年前

脱マトリックス!理論と実践2021 (vol.24):体と感情・意識⑧〜生殖器

執筆:いち あまね この時代の人類の進化の方向性として、はっきりとこの世界の仕組みを理解…

Parole
1年前

ギャラリーふとまにの里 睦月編

執筆:ラボラトリオ研究員 竹内 健 一年で最も寒さが厳しい睦月。 生き物たちはジッと寒さに…

Parole
1年前

お肌を蘇らせる『ガンマリノレン酸』

執筆:いち あまね いつも『脱マトリックス!理論と実践』シリーズをご愛読いただきまして、…

Parole
1年前

『後七日御修業(ごしちにちみしほ)』を終えて

一般財団法人 白川学館 理事 山口周行 一般社団法人白川学館では、お正月を神道式だけでなく、仏教式でも過ごすことになります。松の内を過ぎての1月8日~14日に、今年も「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」が修されました。 昨年は会員向けに公開、祝殿での拝観が行われましたが、今年は昨今の世相を鑑み、インターネットでの24時間配信によるご参加を募りました。 「後七日御修法」は、遡ること835年1月8日、空海により宮中で初めて後七日御修法が行われてから、国家安泰(こっかあんたい

スキ
26