見出し画像

心地よく、人が集まる“声”の正体とは?

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

先日は、あるテレビ番組で放送されていた、声優の声を音量分析するという内容をもとに、声の質、音域というものが人によってどのように違うのか? また、個体差によるその微妙な違いがどのような影響をもたらすのか?、ということについてのお話がありました。

YouTutbeをはじめとした動画×音声メディアから、昨今は音声主体のvoiceメディアが登場し話題になっている中で、「声」は私たちにとってますます身近な存在となり、心地よい音域を創造することができる場には自然と人が集まり、盛り上がっていくことになるでしょう。

今、改めて考えてみたい「声」について。
ぜひ本文をご参考にしていただけたらと思います。

おはようございます。

昨日の夜、食い入るように見てしまった
興味深いテレビの番組がありました。

それはアニメの声優が番組に出て、
色々声を披露するという事と、
その声を音響分析にかけて、
どういうヘルツになっているかを明かすような、
そういう番組だったんですね。

一流の声優というのは、
もう狙った領域の音を出せるといった
内容があったんですが、
特に興味深かったのは
色々な音の分析をして、
一番人の心に残る声の出し方というのが、
力を入れて出す声ではなくて、
力を抜いて出す声だと言っていました。

この続きをみるには

この続き: 877文字

心地よく、人が集まる“声”の正体とは?

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。
19
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。