見出し画像

住まいの潜在力を引き出す 『The Home(イヤシロチテクノロジー)』 ─ リモートワーク環境を最適化する Vol.3

こんにちは。Parole編集部です。
前回のVol.2では、さまざまな理由から地球上でイヤシロチが減少している現状についてお伝えしました。
ケカレチで生活するのか、イヤシロチで生活するのか・・・リモートワークの標準化が進むなかで、この違いが今後の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。
では、どうすればイヤシロチに囲まれて生きることができるのでしょうか。
今回は、住まいや職場を簡単にイヤシロチ化できる『The Home』についてお伝えします。


炭素埋設法とその弱点

“場”の性質を科学的に解明した楢崎博士は、地中に炭素を埋設することで、磁場の乱れを改善し、ケカレチをイヤシロチ化することに成功しました。しかし、炭素を埋設した場所に電子が集まってイヤシロチ化が進む一方で、電子を奪われた周囲の土地がケカレチ化するという問題がありました。

画像2

また、地震による断層のズレや水脈の変化が激しい日本では、特定の場所に炭素を埋設しても、それが無力化したり、逆作用まで生む場合が多かったのです。しかも、一般的な炭素埋設には大量の炭素が必要で、土地に大きな穴を掘るために大がかりな工事をしなければなりませんでした。


電子を循環させる 『六角炭素』 の登場

このような一般的な炭素埋設法の弱点を克服したのが、スポーツ製品の開発で有名な株式会社ミズノでチタン製ゴルフクラブの設計をしていた井上匡弘氏です。

炭素を用いて農作物の収量を上げる研究をしていた井上氏は、地震によって地層にズレが生じても、周囲360度、全方向に磁場調整が可能な『六角炭素』を発明したのです。

画像2

一般的な炭素埋設法よりも導入の手間とコストがかからない六角炭素は、従来の問題点をすべてクリアする画期的な技術となっています。


ロゴストロンテクノロジーの応用

ロゴストロンテクノロジーは、七沢研究所が蓄積してきた技術とノウハウを統合した全く新しい能力開発装置です。

中核となるロゴストロンシステムは、日本語を音素よりもさらに微細なレベルまで分解・統合することで体系化した“ロゴストロン信号” という概念に基づいています。

ユーザーは自分の考えを文章化してその信号に変換し、ロゴストロン機器から発信します。脳内言語に直接働きかけた情報場は願望を最適化し、実現が加速します。

スクリーンショット 2020-07-15 13.15.00

古来から日本に伝わる “祓い” の祝詞の周波数は、脳内に鬱滞している否定的な概念を祓うことが可能です。

The Home製品にはロゴストロン周波数を発信するメモリーチップが組み込まれており、磁場調整だけではなく、生きとし生けるものが本来持つ潜在力を最適に発揮するように意図した情報が半永久的に発信されます。


完成したイヤシロチ化技術 “The Home”

i-Tech技術・製品はすでにさまざまな業種・業態で利用されており、多数の場の改善例が報告されています。

以下は、The Home製品による地磁気の変化を示したグラフです。

画像4

導入地区は試験前、大きくばらつきがありましたが、導入後はほぼ一定の値に収まっているのに比べ、非導入区のデータは試験前は比較的安定していた土地でも、3か月後に計測すると大きく乱れがあることがわかります。

スクリーンショット 2020-07-15 11.33.57

i-Tech製品はさまざまな住環境・職場環境に合わせて導入できるよう汎用性を重視した設計がなされており、バリエーションも豊富です。実際に導入された方によると、仕事部屋の四隅、寝室のベッドの四隅などに設置することで違いを感じられることが多いようです。

The Home製品やイヤシロチについてさらに詳しく知りたい方はこちらにご登録ください。
https://logostron.com/user_data/kagutsuchi2.php

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

やったー!
11
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

The Home -住まいを最適化するイヤシロチテクノロジー
The Home -住まいを最適化するイヤシロチテクノロジー
  • 4本

「リモートワーク」という名のもと、すでに多くの大企業が在宅勤務を平常化する動きを見せています。 そんななか、ロックダウン以来、自宅での滞在時間が増えたことで、所有する土地・家屋にこれまで気づかなかった雰囲気、エネルギーを感じている方も多いようです。 今後、ワークスペースとしても重要になってくる自宅をいかにして快適な環境にしていけばいいのか ─  『The Home』がその疑問にお答えします。