見出し画像

人として究極の姿、「真善美」、「真知喜」を実現するためには?

こんばんは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

本日は、人間が生きていく上での理想であり、究極の姿であるとされている「真善美」(しんぜんび」と「真知喜」(しんちき)についてのお話がありました。

情報が溢れ、膨大な情報の中に嘘と誠が混在している現代社会の中で、私たち一人ひとりが、真善美、真知喜の生き方を実現するためにはどうしたら良いのか?

そのヒントとなるメッセージが、お話の要所要所に秘められています。
今改めて問われている真善美と真知喜の価値ついて、ぜひ本文の内容から感じとっていただけましたら幸いです。

おはようございます。
以前から「真善美」という言葉が
重要だとお話しています。

この「真善美」という言葉もありますし、
また「真知喜(しんちき)」
という言葉もあるんですね。

この「真善美」、また「真知喜」というものが、
我々の合言葉でもあるわけです。

普段仕事をしていたり、
別のことに関心がいきますと、
この部分を忘れがちになるところがあります。

この続きをみるには

この続き: 1,269文字

人として究極の姿、「真善美」、「真知喜」を実現するためには?

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキをいただけて幸せです!
16
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。