見出し画像

ロゴストロンから、“ロゴストン”の時代へ

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

今日は「ロゴストロン」から「ロゴストン」の時代へ、というテーマでお話がありました。
これまで私たちのグループでは、宇宙の構成要素の最少単位であり、情報の最小単位として言霊を装置化したもの、あるいは概念として「ロゴストロン」をご紹介させていただいてきました。

しかし、これから本格的に「ロゴストン」の時代に移行していく、といいます。
ただ、これは単に名称が変わる、というわけではありません。「ロゴストロン」から「ロゴストン」に変わるということは、これまでとは明らかに異なる世界が立ち現れる、ということを意味します。

ではこの重要な移行期において、私たち一人ひとりには一体、何が必要とされるのでしょうか。

おはようございます。

先日、大霊神顕現祭の懇親会に続き
第二弾特別懇親会の第二回目
を行って参りました。

そこでのテーマは、
これから「ロゴストロン」から
「ロゴストン」の時代になる
という事でお話をしました。

これからの私たちの仕事にも関係するので
大事なポイントをお話ししますと、
通常は理論がありまして、
例えば天津神が国津神になって、
天下るお話がありますよね。

これが天孫降臨とか
そういった物語になっているわけです。

この続きをみるには

この続き: 1,270文字

ロゴストロンから、“ロゴストン”の時代へ

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキありがとうございます!
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。