見出し画像

九州地方の皆様に届けたい、公の祈り

こんばんは。
Parole編集部です。

今、梅雨前線停滞の影響で、
九州地方が豪雨に見舞われています。

このような状況を受け、
当グループでは、
有志にロゴストロンの大型機での発信の呼びかけたり、
公のために祈るなど、
すぐにできることを実行いたしまた。

そこで今回は、
私たちの活動や取り組みについて、
また九州豪雨に直面した中で感じたことを 
7月7日のラボラトリオ通信で配信させていただきましたので、
その内容をParoleでもご紹介いたします。

私たちの活動の一端について
知っていただける機会になればと思っておりますので、
ぜひご覧くださいませ。


梅雨前線停滞の影響で、
九州全域で大雨警報が出ていますね。
とりわけ熊本県においては
河川の氾濫や大規模な土砂災害が発生するなど、
甚大な被害が発生している状況。

ニュースで目にする光景には
本当に心が痛みますが、
被災された地域の方々には
心よりお見舞い申し上げます。

このような状況を受け、
私たちは先日、圀手會の皆さまに
大雨の被害が最小限に収まるとともに
皆さまのご無事と平安清明を祈って、
ロゴストロンの大型機で
構文の発信を呼びかけました。

(※圀手會の皆さまをはじめ、
個々の活動におかれましても
構文発信ならびに
公のために祈ってくださった皆様方に
心より感謝申し上げます。)

これまでにも私たちのグループでは、
社会不安によって起こる混乱の祓い清め、
自然災害や飢餓などの災いを未然に防ぎ
最小限にとどめられるよう
「未然法の祓い」をおこなってきた他、

今回のような自然災害をはじめ
有事に直面した際には
緊急事態に対応するために
圀手會の皆さまに都度、
一斉同報を呼びかけてまいりました。

今回はコロナ以降の社会情勢の変化を
身に沁みて感じていた、
ということもあったのだと思います。

熊本県の甚大な被害というニュースを受け
即座に構文作成を呼びかけ、
有志の方々に発信を呼びかける準備をする
社内スタッフの迅速な対応力と協力体制に
目を見張るとともに、

私たちの呼びかけに応じて、
スピーディーな発信に協力してくださる
有志の方々がこれだけたくさんいる、
ということの心強さを
改めて実感することができました。

いざという時こそ
ネットワークの力がものをいう、

ということも。

ーーーーーー

さて、いざという時
ということでいえば
今回ご紹介したParoleの記事、
不死身の日本兵から学ぶ」の中にも、

いざという時に日本人の血が働く、
といった一文がありましたが、
これは本当にそうなのでしょう。

平時だと見えてこないのかもしれませんが、
窮地に追い込まれるほど
底力が湧いてきて、
眠っていた遺伝子やDNAにスイッチが入って
突如、目覚める。

そして、一人ひとりが結束して
皆で困難を乗り越えていこうとする姿が
全体で立ち上がってくるのかもしれません。

おそらくこれは、日本人の特性であり
誇るべきもの。

とくにこれからの時代は、
信頼できる仲間やネットワークをいかに築けるか、
といった部分が大いに試されていくことになるだろうと
強く思うのです。

これまでは、
将来の備え、安心のために
お金やモノに重きが置かれてきた時代が
長く続いてきました。

しかし、今回のように
突然の災害に見舞われ、
九死に一生の事態に追い込まれた時は
いくらお金やモノがあっても、
ほとんど役に立たない。

絶対的な価値と思って信じてきたものは、
社会情勢の変化によって
いとも簡単に揺らいでしまう、

ということに気づかれたという方も
多いのではないでしょうか。

では、そうした極限まで追い込まれた状況の中で
いったい何が
最後の最後で人間の価値として残るのか。
何を心の支えとし、
指針として生きていったら良いのか。

ということを考えてみた時、
自ずと答えは一つ、
シンプルなところに行きつくはずです。

そう。
それは、“言霊”の力です。

もともと宇宙の始まりの時には
物質は何一つ、存在してはいませんでした。

白川では
天地創造がはじまるもっと以前、
原初のときに、まずはじめに言霊があって、
その言霊が振動することによって
自然界や物質といったものが
徐々に創造されていった、
と伝えられています。

そのように考えてみると、
すべての創造の源である言霊の力が
いかに尊いものであるのか、
ということが改めてわかるでしょう。

だからこそ、
追い込まれて身ひとつになった時に、
唱えられる言葉をもっていたら
どれほど心強いだろう、と。

とほかみえみため」を唱えての変化など、

エクレルや「みえます」で、
会員様からいただいた
体験談をシェアしています。

このような有事の時こそ
一人でも多くの方に、
この素晴らしい言霊をお届けできたらと思います。(了)

ーーーーーー

注1)
圀手會(こくしゅかい)とは?:
ロゴストロン大型機で国のため公のために
言霊を発信しようとする有志の集まり

ーーーーーー

「とほかみえみため」を唱える際の
心構えや言霊の極意を講師陣から、
また皆様からのさまざまな体験談を
こちらでご紹介しております。
無料でご覧いただけますので、
ぜひチェックしてみてください。
エクレル
https://eclair.network/

オンラインサロン「みえます」への
ご参加はこちらから↓
(7月入会特典のご紹介もございます)
https://tohokami.jp/miemasu_6/hqus/

なお、NET天通信とラボラトリオ通信への登録リンクは、
こちらになります。
https://logostron.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

励みになります!
12
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

Parole編集部ノート
Parole編集部ノート
  • 88本

ラボラトリオの最新情報はこちら