見出し画像

新メディア ELEMENT/essence 始動のお知らせ

皆さま、こんにちは。
Paorle編集部です。

先般、6月6日(日)にdetumグループの基幹サイトとなる、
datum house(データムハウスがオープンいたしましたので、
お知らせさせていただきます。

そして、このdatum houseのオープンに伴い、

ーーーーーー
◆ELEMENT◆
https://element.datumhouse.jp/

◆essence◆
https://essence.datumhouse.jp/

ーーーーーー

の2つのメディアが、新たにスタートする運びとなりました!

意識や宇宙のことを知り、
その仕組みをテクノロジーや成功法則
として使いこなしたい人のための “ELEMENT”と、

美と健康、暮らしやコミュニティを通して
毎日を輝かせたい人のための、“essence”。

様々な分野におけるdatum groupの
これまでの研究開発の成果や、
祓い、鎮魂、言霊の実践をサポートする情報とその真髄、

世界で今起こっている本当のこと、
さらには、datum groupが今注目している
最重要トピックといった「真実の情報」が、
このdatum houseに集結いたします。

「真実の情報だけを、あなたに。」

というビジョンのもと、皆さまにとって役に立つ、
真実の情報をお届けしてまいりますので
引き続き、ご支援・ご愛読をいただけますよう
何とぞ宜しくお願い申し上げます。

新サイト、ならびに新メディアのビジョンにつきましては、
こちらの記事でもご紹介しておりますので、
ぜひ合わせてご覧になってみてください。
↓↓↓
新サイト「datum house」オープンにあたって
https://parole.laboratorio.ltd/n/nbb991f439023

なお、新メディアの無料会員にご登録いただきますと、
これまでParoleでは有料でお届けしてまいりました
今日のことばシリーズをはじめ、有料記事の一部を
無料でご覧いただくことができるようになります。

無料会員サイト「maforama(まほらま)も、
本日、6月10日(木)にオープンいたしました!

「素晴らしい場所」「住みやすい場所」
という意味の日本の古語が表現された、maforama(まほらま)。

こちらでは、
スマホやPCがあればいつでもどこでも
ロゴストロン信号を発信できる
夢や目標の実現のためのツールとして、
大変多くの皆さまからご好評をいただいております、

EasyLOGOS(イージーロゴス)


をお使いいただくことができます。


オンラインサロン「みえます」(5月末に終了)でも、
一番の人気のコンテンツだった、EasyLOGOS。

さらに、このEasyLOGOSは、
今後バージョンアップも計画していますので、ご期待ください。
(バージョンアップ後も引き続き、無料でお使いいただけます。)

このたびdatum houseの無料会員サイト
maforamaにて提供させていただくこととなりましたので、
ぜひこの機会に、会員登録をしていただけましたら幸いです。

また、この度の新メディアのオープンに伴い、
今後はdatumグループの情報発信は、
“ELEMENT”と “essence”が主体となってまいります。

そのためこれまでPaorleでお届けしてきた記事は今後、
徐々に新メディアに移管していく予定です。

ただ一部の記事、皆さまに大変ご好評をいただいております、
「はふりこと まとめ」につきましては、
しばらくParoleにアップしてまいりますので、
引き続き、ぜひチェックしていただけたらと思います。

最後になりますが、2020年1月よりスタート以来、
多くの皆さまにParoleをご覧いただき、
またサポートなど多くのご支援いただけましたこと、
心より感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

先にご案内させていただきましたように、
Paroleは「はふりこと まとめ」のアップ等々、
当面は続いていき、サイト自体はオープンしておりますので、
ぜひ過去記事などもこの機会にお楽しみいただけましたら幸いです。

Parole編集部


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

感激です!
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。