見出し画像

限界を超えた先にある、“負”の世界

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

本日は、先日の「負のエントロピー」のお話に続いて、具体的に、負のエネルギーを使いことなすとはどういうことか?というテーマで、お話がありました。

私たちは通常、自分のイメージできる範囲や、「だいたいこれくらいが限界」と、無意識に決めている枠があって、意識しない限り、なかなかその限界を超えようとはしない傾向があります。
しかし、本気で負の世界を使いこなそうとすれば、自ずと限界を超えたその先にいかなければならない、と言います。

本記事は、自分のつくっている既成概念や限界を超えるために、どのような意識で臨めばよいのか?ヒントとなるエッセンスに出会える内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

おはようございます。

先日もお話ししましたが、
正のエネルギーと負のエネルギーを
自在に使いこなすことが、
これからの私たちの課題になるわけです。

これまでお話をしてきて
正のエネルギーという、言うなれば個の世界、
また負のエネルギーを使うことによって
公の世界に目覚めることが出来るということを
お伝えしたかと思います。

ただ、なかなか負の世界というのは
正の世界から掴めるものではないので
皆さんいろいろ想像をしてしまうかと思います。

この続きをみるには

この続き: 1,839文字

限界を超えた先にある、“負”の世界

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキありがとうございます!
11
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。