見出し画像

あ・かるい貧乏のススメ その4

執筆:ラボラトリオ研究員  杉山 彰


ビンボーは笑える話しです。だけど、ビンボーは笑える話しではない、ゾ、と

とにかく、今の私はビンボーなのです。それも札つきの、あかるいビンボーなのです。でもギリギリ食べていくぐらいのお金はあります。ドンキーで家族揃って、たまに食事ができるぐらいのお金しかありません。わかっています。承知しています。贅沢はとてもできません。車も一台しかありません。自転車も、普通のが3台あります。壊れかかっているのが2台あります。直すお金がないのでそのままにしてあります。冷蔵庫はあります。何でもファジーとかいうよく解らない機種です。エアコンはあります。熱い夏は必需品ですから、たとえビンボーでも、家族の健康のために買いました。

健康のためといえば、うちは、水は、水道の水を飲まないようにしています。ビンボーが許す限り、ミネラルウオーターを買って飲むようにしています。高価な浄水機は、とても買えません。洗濯機はいちおうあります。全自動の5kg洗いの大型ですが、ビンボーだから新製品ではありません。去年の古いタイプの新品しか買えませんでした。

また、たまに出前をとりますが、ビンボーだから出前ピザぐらいで我慢しています。買い物は、たまにしかしません。ビンボーだから大安売りのときに一度にたくさん、まとめて買うことにしています。たまに、ごくたまにですが、少しだけ買いすぎて腐らせてしまうことがあります。

あっ、そうそう、私の話しに、妙に「たま」が多いのは、じつは私、多摩に住んでいるんです。これは、ほんと、シャレじゃありません。シャレでこんなビンボーな話しはできません。たまりませんよ。お金も貯まりませんよ。

お金といえば、お米なんですが、うちは、最近、無能役じゃない、無農薬のお米を食べるようになりましてね。少し高いらしいけど、ひとつぐらいは贅沢しないとビンボーたらしく見えていやなんです。

汽車に乗って、のんびりとした旅行は、ほとんどできません。ビンボーだから、車で一時間ぐらいの所へちょこちょこ行くようにしています。ガソリン代も馬鹿になりませんしね。なにしろ、うちは、今、ビンボーでして・・・。

いや、ほんとうに、ビンボーは喋ると疲れますね。どっぷり浸かれるんですよ。だから、最近は、あまり話さないようにしているんですよ。すると、回りの連中は、私がリッチーやってたときのことしか知りませんから、ビンボーになったと言うと笑うんですよ。これが唯一の救いといえば救いですが、ま、一応、服装はリッチー時代の面影を残してあるんで、夏は、麻のジャケットに絹のシャツをいつも着ています。身につけているモノは、結構、いいモノで固めていますから、なにかと高めにつくんです。クリーニング代もバカになりません。

その成果、じゃありませんが、近ごろ、ビンボーに、拍車も、磨きも、ますますかかって。これも身からでた錆というか、侘びというか、さびというか、寂しいもんですよ。 でも、ビンボーはあかるいほうが絶対いいものでして、人が寄って来るんですよ。そう、選って来るんですよ。因って繰るんですよ。酔っては来ませんがね、最近は。

ビンボーなもんで、話しが、すぐに滑るようになって、すみません。縒って繰るんですよ。絡んで繰るんですよ。いいお話しが。お陰さまで、ビンボーとは円を切るつもりはありませんが、ビンボーとは縁を切りたいものです。

← その3はこちら 

その5はこちら →

・・・・・・・・・・

【杉山 彰(すぎやま あきら)プロフィール】

◎立命館大学 産業社会学部卒
 1974年、(株)タイムにコピーライターとして入社。
 以後(株)タイムに10年間勤務した後、杉山彰事務所を主宰。
 1990年、株式会社 JCN研究所を設立
 1993年、株式会社CSK関連会社 
 日本レジホンシステムズ(ナレッジモデリング株式会社の前身)と
 マーケティング顧問契約を締結
 ※この時期に、七沢先生との知遇を得て、現在に至る。
 1995年、松下電器産業(株)開発本部・映像音響情報研究所の
 コンセプトメーカーとして顧問契約(技術支援業務契約)を締結。
 2010年、株式会社 JCN研究所を休眠、現在に至る。

◎〈作成論文&レポート〉
 ・「マトリックス・マネージメント」
 ・「オープンマインド・ヒューマン・ネットワーキング」
 ・「コンピュータの中の日本語」
 ・「新・遺伝的アルゴリズム論」
 ・「知識社会におけるヒューマンネットワーキング経営の在り方」
 ・「人間と夢」 等

◎〈開発システム〉
 ・コンピュータにおける日本語処理機能としての
  カナ漢字置換装置・JCN〈愛(ai)〉
 ・置換アルゴリズムの応用システム「TAO/TIME認証システム」
 ・TAO時計装置

◎〈出願特許〉
 ・「カナ漢字自動置換システム」
 ・「新・遺伝的アルゴリズムによる、漢字混じり文章生成装置」
 ・「アナログ計時とディジタル計時と絶対時間を同時共時に
   計測表示できるTAO時計装置」
 ・「音符システムを活用した、新・中間言語アルゴリズム」
 ・「時間軸をキーデータとする、システム辞書の生成方法」
 ・「利用履歴データをID化した、新・ファイル管理システム」等

◎〈取得特許〉
 「TAO時計装置」(米国特許)、
 「TAO・TIME認証システム」(国際特許) 等

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキをいただけて幸せです!
22
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

よみやま話
よみやま話
  • 136本

科学の言葉で紐解く、言霊量子論