見出し画像

この宇宙はプラズマでできている vol.001

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰(プロフィールは最後に記載)

1.意識を宇宙全体に広げる

1.1.なぜ、我々は存在するのか

皆さんは、この言葉を問いかけられたら、どのような答えを返しますか。私は、このように答えるようにしています。例えば、私たちが、今、見ている宇宙は、137億年前に誕生した宇宙を見ているのです、ですから、仮に、たった今から10分が過ぎるとします。すると、私たちは、137億年と10分経過した宇宙を見ることになるのです。

何が言いたいかといいます。私たちは、137億年前に誕生した宇宙の始まりと、たった今の今の瞬間と、一つの時間の系でつながっているのです。地球上に暮らす、すべての生き物が、それこそ森羅万象のすべてが、同じ物質で、しかも同じ方法でつくられ、生まれ死に、そして生まれ死に、をくり返して、つながっているのです。

ですから、私は、「なぜ、我々は存在するのか」、と問われたら、137億年前の、この宇宙の始まりからつながっているから、と答え、 私は、今、この、いっとき、瞬間の「※1中今」に存在しているのです、と答えることにしています。

※1.「中今」の定義は、新装「言霊百神」/『開闢<かいびゃく>(中今の意義)』に拠ります。

<天地(あまつち)のはじめの時>:天地は今此処で絶えず開闢しつつある。古事記が説く「天地のはじめ」とは天文学や生物学や歴史の上の観念で取扱うところの事物の初めを云っているのではない。古事記神代巻は必ずしも過ぎ去った大昔の事を取扱っているわけではない。今が、そして此処が、すなわちnow-here(ナウ・ヒア)が恒常に天地の初めの時であり場所である。すなわち天地は実際に今、此処で絶えず剖判(ぼうはん)し開闢しつつある。その今を永遠の今と云う・・・<中略>・・・この今、此処を「中今」(続日本紀)と云う。この始原である「中今」から天地は瞬間に剖判して、忽然として森羅万象を現出する。言霊麻邇(げんれいまに)はその瞬間に活動する生命の知性の内容でありその原律である。この恒常の天地の初めである「中今」を把握することがあらゆる事物をその根源から理解する上の正規の出発点である。仏教、キリスト教、儒教等の古来の哲学宗教 の修証である「空」「悟り」「救われ」「天」などと云われる宗教上の体認はすべて此の「中今」を把握することに他ならない。そしてこの「中今」と云う天地のはじめの把握が神道に入る門であり、神道の出発点である。布斗麻邇(ふとまに)とはこの「空」である中今の精神的大宇宙、法界の中に活現する人間生命の自覚内容、すなわち、般若経(はんにゃきょう)で云う「諸法の空相」と法華経で云う「諸法の実相」の原理と原律のことであり、並びにその原理原律を人間の自覚と自主自律性の下に社会国家に活用して行く方法を云うのである。


vol.002 はこちら →

・・・・・・・・・・

【杉山彰(すぎやま・あきら)のプロフィール】

◎立命館大学 産業社会学部卒
 1974年、(株)タイムにコピーライターとして入社。
 以後(株)タイムに10年間勤務した後、杉山彰事務所を主宰。
 1990年、株式会社 JCN研究所を設立
 1993年、株式会社CSK関連会社 
 日本レジホンシステムズ(ナレッジモデリング株式会社の前身)と
 マーケティング顧問契約を締結
 ※この時期に、七沢先生との知遇を得て、現在に至る。
 1995年、松下電器産業(株)開発本部・映像音響情報研究所の
 コンセプトメーカーとして顧問契約(技術支援業務契約)を締結。
 2010年、株式会社 JCN研究所を休眠、現在に至る。

◎<作成論文&レポート>:
 ・「マトリックス・マネージメント」
 ・「オープンマインド・ヒューマン・ネットワーキング」
 ・「コンピュータの中の日本語」
 ・「新・遺伝的アルゴリズム論」
 ・「知識社会におけるヒューマンネットワーキング経営の在り方」
 ・「人間と夢」 等

◎<開発システム>
 ・コンピュータにおける日本語処理機能としてのカナ漢字置換装置・
  JCN<愛(ai)>
 ・置換アルゴリズムの応用システム「TAO/TIME認証システム」
 ・TAO時計装置

◎<出願特許>
 ・「カナ漢字自動置換システム」
 ・「新・遺伝的アルゴリズムによる、漢字混じり文章生成装置」
 ・「アナログ計時とディジタル計時と絶対時間を同時共時に
   計測表示できるTAO時計装置」
 ・「音符システムを活用した、新・中間言語アルゴリズム」
 ・「時間軸をキーデータとする、システム辞書の生成方法」
 ・「利用履歴データをID化した、新・ファイル管理システム」等

◎<取得特許>:「TAO時計装置」(米国特許)、
 「TAO・TIME認証システム」(国際特許) 等


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

感激です!
68
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

よみやま話
よみやま話
  • 136本

科学の言葉で紐解く、言霊量子論