見出し画像

秘蔵VTR 『横綱太刀物語』 第2部

こんにちは。
Parole編集部です。

本日は、『横綱太刀物語』の第2部を公開いたします。

先日ご紹介させていただいた、『横綱太刀物語』の第1部の続きとなりますので、是非あわせてご覧いただければと思います。

真っ赤に燃え上がる火のなかで刀を鍛え上げていく「鍛錬」の工程を経て、第2部では、刀の形にしていく「火造り」の工程から土置き、さらに成形における仕上げの最終段階で最も重要とされる「火入れ」の工程までを中心にご紹介してまいります。

刀工・伊藤重光氏は「日本刀は外国の剣と違い、五行が揃わないと刀にならない」と語ったのち、五行のなかでも極めて重要なのは「水」である、と力を込めます。

すべての存在、神々と一体となって、繊細ながらも力強く、丹念に刀を磨き上げ、日下開山・稀勢の里の名にふさわしい一級の名刀へと魂を注ぎ込んでゆく伊藤氏の姿は必見。

さらに「刀づくりは神事である」という七沢代表の言葉を彷彿とさせる、まさにここでしか見ることのできない貴重なシーンにも、ご期待ください!

第2部ダイジェスト

◎購入価格:1,200円(税込)
 ※第1部、第2部、第3部すべてをご覧いただけます。
  ※上記3部を分割でご購入いただくことはできません。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
秘蔵VTR 『横綱太刀物語』公開! 元横綱・稀勢の里が横綱の頃にお持ちいただいた太刀で、100パーセント隕鉄(隕石)でつくられた希有な存在です。 この秘蔵動画を有料で公開させていただきます。 視聴者の方から頂戴した購入代金を『コロナウィルス退散祝詞 と 退散スプレー無料頒布』の活動に充てさせていただきます。

秘蔵VTR 『横綱太刀物語』公開! 『稀勢の里の太刀』の誕生から奉納土俵入りまで、3回完結のシリーズ映像となります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

やったー!
32
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。