地鎮ということ 人と、自然と共生して、存在しているものに対する態度がある
見出し画像

地鎮ということ 人と、自然と共生して、存在しているものに対する態度がある

地鎮ということは、何よりも、家を建てる八方にお断りをするといいますか、それは神様だけではなくて、そこに生きとし生けるもの、モグラとか虫とか、そういうものが、そこには住んでいるわけですね

そこに住む細菌、土壌菌とか、今風にいえば見えない菌もあって、そういう環境に、人と共生、あるいは自然と共生して、存在しているものに対する態度があるというのでしょうか

『はふりこと』より 〜 2021-07-17
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1416262467433287682
こちらはリアルタイム配信システム『はふりこと』より
2021-07-17のツイートをまとめた記事となります
ツイートは時系列に沿って過去より順番に並びます

■『ツイートをさらに表示』 ↑ のボタンを押すと ■
残りのツイートを表示をすることができます

■ リアルタイム情報配信システム「はふりこと」へのアクセス ■
以下より「はふりこと」(Twitter)にアクセスいただけますhttps://twitter.com/hafurikoto

■ 情報配信の方針は「情報憲章」に則っています ■
https://docs.google.com/document/d/12wi-0eRHrDzQJPbxWALsxM9HBw7IH8SsvAL1olSJ9uU/edit

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

よろしければシェアもお願いいたします!
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。