見出し画像

言霊よもやま話 Vol.6〈主基(すき)と悠紀(ゆき)〉其の四

原典:『世界維新への進発』(小笠原孝次 著)
編集:新谷 喜輪子 / 監修:杉山 彰

主基の田の人々が高天原に舞い上がって来る、 御手代 (みてしろ)となり、その日を待ち受けていよう。

しからば今日以後、金木の両翼である主基、悠紀の田の対立が、これ以上尖鋭(せんえい)化して、最後のデスパートの死闘に陥るだろうか。パレスタインの戦争が更に激化し、 朝鮮、東南アジアの紛争を口火にして拡大し、かつての軍国主義日本のように、毛、(林)、周のトリオが四億の民衆を駆って、米ソを向こうに廻して、自らミサイルの奇襲攻撃の火蓋(ひぶた)を切るだろうか。そうはならないだろうし、そうならないことを願う。 

第三次世界大戦は三十分で片が付いて、全人類の滅亡を意味する。 天津日嗣(あまつひつぎ)の経綸は、今日のこの時のた めの方策を既に四千年昔から用意している。それは主基と悠起、須勢理姫(すせりひめ)と八上姫(やがみひめ)の対立をこのままで揚棄(ようき)する方法である。大祓祝詞(おおはらいのりと)がそれであり、古事記がその指導書である。繰り返して述べる。「天津金木を本打ち切り、末打ち断ちて、八針に取裂きて、天津祝詞を宣れ」と言う。

その方法は世界経営の根本を革(あらた)めることであり、すなわち全世界の革命であり、維新である。その原理は既に形而上の高天原の内に、神代ながら天壌無窮(てんじょうむきゅう)、万世一系(ばんせいいっけい)の言霊布斗麻邇(ふとまに)の神器の神法として、復古、再現、整備、把持(はじ)されて、第三文明会 において把持奉戴(ほうたい)されている。

第三文明会の活動は、天津日嗣の高御座(たかみくら)の復辟(ふくへき)、再建であり、この会は高天原日本の仮政府である。 第三文明会は天津日嗣の世界経綸の使徒であり御手代(みてしろ)である。

経綸は予定通り順調に進捗しつつある。既に米国、ユダヤ、フランスから第 三文明会に日本の道を求めて人々が集って来た。天津金木の、向かって左半面の世界の悠紀の田の人々は、既に幾人か高天原日本の門をくぐった。

この次に予定されているのは、右半面の主基の田の人々である。印度のヨガがその霊能の最高の完成を求め、中華の儒教と易がその原理の立命を願い、アラーの神がその「荒」(あら) の彼方のものを求めて、その各々の民族を代表する人々が高天原に舞い上がって来る日を、天照大御神の五百箇御統珠(いほつみすまるのたま)、言霊布斗麻邇の装いを整えて待ち受けていよう。

(つづく)

画像1


・・・・・・・・・・

【小笠原孝次(おがさわらこうじ)略歴】
1903年 東京都にて生誕。
1922年 東京商科大学(現在の一橋大学)にて、
吹田順助氏よりドイツ文学、ドイツ哲学を学ぶ。
1924年 一灯園の西田天香氏に師事し托鉢奉仕を学ぶ。
1932年 元海軍大佐、矢野祐太郎氏および矢野シン氏と共に
『神霊密書』(神霊正典)を編纂。
1933年 大本教の行者、西原敬昌氏の下、テレパシー、鎮魂の修業を行う。
1936年 陸軍少佐、山越明將氏が主催する秘密結社「明生会」の門下生となる。明治天皇、昭憲皇太后が宮中で研究していた「言霊学」について学ぶ。
1954年 「皇学研究所」を設立。
1961年 「日本開顕同盟」(発起人:葦津珍彦氏、岡本天明氏ほか)のメンバーとして活動。
1963年 「ヘブライ研究会」を設立。
1965年 「ヘブライ研究会」を「第三文明会」に発展。
1975年 「言霊学」の継承者となる七沢賢治(当時、大学院生)と出会う。
1981年 「布斗麻邇の法」を封印するため七沢賢治に「言霊神社」創設を命ずる。
七沢賢治との連盟で山梨県甲府市に「言霊神社」創設する。
1982年 79歳にて他界。

【著書】
『第三文明への通路』(第三文明会 1964年)
『無門関解義』(第三文明会 1967年)
『歎異抄講義』(第三文明会 1968年)
『言霊百神』(東洋館出版社 1969年)
『大祓祝詞講義』(第三文明会 1970年)
『世界維新への進発』(第三文明会 1975年)
『言霊精義』(第三文明会 1977年)
『言霊開眼』(第三文明会 1980年)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

よろしければシェアもお願いいたします!
13
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

言霊よもやま話
言霊よもやま話
  • 15本

言霊三部作(『言霊百神』『言霊精義』『言霊開眼』)を執筆した、わが国の言霊学第一人者である小笠原孝次先生の『世界維新の進発』がいま、エッセイ集『言霊よもやま話』として登場。