見出し画像

天津神の領域から降りてきた日や月というものを、どう修行するか...

大霊神顕現祭ということで、特に5つの働きを中心に出そうとしていますが、天照大御神や、月読命という、天津神の領域から降りてきた日や月というもの、また、神と呼ばずに、命(みこと)や彦(ひこ)と呼んできた存在を、どう修行するかということがあります

『はふりこと』より 〜 2021-03-21
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1373631130478419974
こちらはリアルタイム配信システム『はふりこと』より
2021-03-21のツイートをまとめた記事となります
ツイートは時系列に沿って過去より順番に並びます

■『ツイートをさらに表示』 ↑ のボタンを押すと ■
残りのツイートを表示をすることができます

■ リアルタイム情報配信システム「はふりこと」へのアクセス ■
以下より「はふりこと」(Twitter)にアクセスいただけますhttps://twitter.com/hafurikoto

■ 情報配信の方針は「情報憲章」に則っています ■
https://docs.google.com/document/d/12wi-0eRHrDzQJPbxWALsxM9HBw7IH8SsvAL1olSJ9uU/edit

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。
27
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。