見出し画像

みえます通信 Vol.17〜調子が良い時こそ慢心するべからず

こんにちは。
Parole編集部です。

「先祖とつながり、神とつながり、
真の自分とつながることで、
幸せな社会が “みえる” 社会をつくる─」


というビジョンのもと、
究極の言霊とほかみえみためを唱える
志でつながるオンラインサロンみえます

思い立った時、いつでも、どこでもロゴストロン装置で発信ができる、人気コンテンツEasyLOGOS(イージーロゴス)をはじめ、

・講師陣と毎月オンラインでつながるQAライブ
・現実創造の鍵となる「感情マスタープログラム」
・言霊を自由にデジタル発信することができるシステム

が使い放題になるコンテンツ、さらに日本の農業の未来(食糧問題等)について考えるジオロパシー入門講座、昨年末より「お掃除道」が新たなテーマとして加わるなど、その時々の最新鋭の情報をいち早くお伝えする場となっております。

今回のとほかみ通信vol.17では、YouTubeの人気チャンネル「とほかみ解」でもおなじみの大島講師による記事をお届けいたします。

シンプルでわかりやすい言葉が、ふとした気づきをもたらしてくれる内容となっています。ぜひYouTubeと合わせて、ご覧ください。

(※尚、本メルマガは会員様向けにお送りしている内容となるため、一部を除き有料にてお届けしてまいります。何卒ご了承くださいませ)

皆さんこんにちは!
大島英明です。

個人的な話になりますが、

実は昨年の冬、
身体と心が重い状態が続いている時期がありました。

といっても、
僕の場合心が重いといっても

根が明るいので、

見た目には全く分からないですし、
特に問題も無いのですが(笑)

自分の中では、
どこか本調子じゃないなという思いが、
ずっとありました。

それがある日のお祓いの後、
まさに憑き物が落ちるように

そんな重さがスポーンと抜けて、
突然身体と心が本来の軽さを取り戻すことが
出来ました。

ところが久しぶりの絶好調の感覚に、
ちょっと気が弛んだのか

その直後、
不注意で指を切ってしまったり、

祭祀で段取りを間違えたりと、
ミスが続いてしまいました。

『慢心』していたなと
すぐに反省したのですが、

調子が良い時こそ、
慎重に事を行わないと

思わぬことに
足を掬われるという事を
改めて実感させて頂きました。

僕の場合、ちょっと何か憑いていて
体調が悪いくらいが、

慎重になってちょうど良いのかも
知れませんね(笑)

その夜久しぶりに、
自分が宇宙になっている夢を見ました。

正と負が
まさにクラインの壺のような構造で
循環している様子を

リアルに体感しながら
ただ宇宙そのものとして存在している
夢です。

朝目覚めた時、
『いよいよ本調子に戻ったな』

とスッキリした感覚で
布団から出た瞬間

昨日の教訓を思い出し

『慢心するべからず』と
慌てて自分に言い聞かせました。

ちょっと油断すると
すぐに出て来ますね〜(笑)

白川には戒律のようなものは
全くありませんが、

唯一この
『慢心するべからず』という
教えが重要なものとして伝承されている意味が
よく分かりました。

人は生きている限り
日々進化出来る存在ですので、

今後とも
日々精進しながら

皆さんと共に進化していきたいと
思っています。

今後とも
どうぞよろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

感激です!
25
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。