見出し画像

"丸い玉"に表れる、心のありようとは?

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

今回は、地球が誕生する時に「丸い玉」が地上から湧き上がってきた、ということから、丸い玉にはどんな意味があるのか?、また、丸い玉を"心"に置き換えてみた時、そこから何を学べるのか?というお話がありました。

一般に「心が丸くなると良い」と言われていますが、心が丸い玉、さらに完璧なかたちとなって「真球」に近づいていくと、身の回りにも様々な変化が表れてくるようです。

では、その心の在りようとは一体、どんなところに繋がっていくのでしょうか?

おはようございます。

先日、地球が出来る時に、
とりわけ日本列島が出来る時に、
丸い玉が地中から湧き上がってきた
というお話をしたかと思います。

それはちょうど500万年前ということを
お話ししたと思うんですね。

この時代は人類史で言いますと
猿人といった存在が出てきて
その後原人とか旧人になってくるんですが、
それで人類の誕生にも
非常に影響のある時代であった、
ということが言えるかと思うんですね。

今日お話したいのは
やはりこの丸い玉がどういう物なのか
ということについてです。

この続きをみるには

この続き: 1,080文字

"丸い玉"に表れる、心のありようとは?

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

よろしければシェアもお願いいたします!
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。