見出し画像

新サイト「datum house」オープンにあたって

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

本日は、6月6日に新たにオープンした、グループ全体の基幹サイトdatum house(データムハウス)のお知らせ、並びに新サイトのビジョンについて、お話がありました。

datum house(データムハウス)は、グループの基幹となる研究開発の進捗や情報の最小単位を科学によって解き明かすなど、最新情報をELEMENT(エレメントにて、また食と健康、美容、地域に根ざしたコミュニティづくりなどのテーマについてお伝えするessence(エッセンス)と、大きく二つに分かれており、それぞれの媒体でこれから情報発信を行ってまいります。

本日は、新サイトオープンのご挨拶もございますので今日のことば」シリーズのこちらもぜひ皆さまにご覧いただきたく、今回は無料で公開させていただきます。

ぜひ最後まで、ご覧ください。


おはようございます。

6月6日に、私たちデータムグループの
基幹サイトであるdatum house(データムハウス)
無事にオープンいたしました。

その旨は昨日のインスタグラムにも
載っておりますけれども
こちらの方がスタートいたしまして、
6月10日には、maforama(まほらま)
という会員向けのポータルがありますので
こちらに登録をしていただきますと、
様々なサービスが無料でご利用できる
ということになっております。

白川の皆さんについても、より積極的に、
このdatum house(データムハウス)の方に
参加していただきまして、
色んな意味でまた見聞を
深めていただければと思うわけですね。

datum house(データムハウス)は
大きく二つに分かれておりまして、
これがELEMENT(エレメントというくくりと、
essence(エッセンス)というくくりになっています。

それぞれ研究とか開発の中身の追及したものを
ベースにしたELEMENT(エレメント)と、
生活とかライフスタイル、
食物に関したテーマを扱ったessence(エッセンス)
に分かれており、
表現でいうと重いものと軽いものというか、
それぞれがしっかり組み合わさり、
ご利用できるようになっております。

こうしたサイトの情報を見ていただきますと
皆さんの白川のご修行が、
例えば科学的にどのような意味があるのかとか、
また生活にどう応用できるのかということが
非常に分かりやすいというか、掴めてきますので
是非こちらの情報サイトを今後、
活用していただければと思っております。

ところで、datum house(データムハウス)の
datum(データム)ですけれども
これは何度も申し上げますように、
情報の「最小単位」という意味があるわけですね。

通常は「最小単位」をあまり意識せずに
私たちは生きていますけれども、
実際には人間の身体も、また自然の姿も、
あらゆる「最小単位」の集まりが、
物体化しているわけですよね。

例えばそれは原子であったり、
また更に突っ込んでいうと
素粒子ということになったりですね。

そうやって「最小単位」を見極めていきますと
案外、個人的なといいますか、
個別のものは存在しない
ということになるわけですね。

つまり皆さんが共有している
肉体の要素と言いますと
水ですとか、原子的な成分がありますが
これは皆さん全員が共通して
持っているものであり、
自然の成分も一緒だということが
言えるわけですね。

先日「お田植え祭」がありましたけれども
あれは、土と水ということですが、
見方を変えると、人間の身体は、
水と土からできていると言っても
過言ではないんですよね。

当然、人体の70%は水ということですけれども
それ以外私たちは、様々な食物を食べて
生きているわけですよね。

その野菜とかお米はどこからできるかというと、
これは土からできるわけですね。

ですから、土の栄養分を我々は取り入れ、
また水というのも自然物ですけれども、
そういったものからできているということで
それが人間の基本になっているわけなんですね。

そこに人間の思考が乗っかってきて
個性をつくりますが
「最小単位」という見地からすると、
皆さん同じものを持っていると、
また、同じものによって生かされていると、
よく分かるわけです。

よく公という表現を使いますけれども、
私たちが一体何でできているのか
ということを考えますと、
それは本当に例外なく、同じものでできている
ということになるわけですね。

今日はあまり長くはお話しませんけれども
土の成分、また原子、
元素というところで考えていくと
元は何だったのか、というところになり、
それこそ宇宙の起源までいっちゃうわけですね。

宇宙の起源であり、
また真空のゆらぎという世界がありますが
そこから始まっていると考えますと、
私たちはみんなその世界を共有していて
真空、宇宙、銀河、地球、そして、
そこから産まれた野菜ですとか、
食べ物を食べているわけです。

だから全ての成分というものが
元をただすと、原子や素粒子どころか、
さらにそれを生み出す元の要素というところまで、
遡ってしまうんですね。

ですからdatum(データム)という意味は、
単にある一定の最小単位ではなくて、
それこそ究極の最小単位という
意味を持っています。

そうなってきますと、
完全に真空の世界に入り、
またそれがどういった可能性を
秘めているかということになります。

そういった私たちの研究成果、
また日頃の応用の成果というのが、
これからdatum house(データムハウス)のサイトに
しっかり出ていきますので、
よくよく読んでいただきますと、
全く皆さんの、個性的な考えというか、
基本的に粒子の粗い思考的な世界から
非常に細かい世界に入り、
世界観が変わってきます。

ぜひこれからまた積極的に
ご利用いただければと思っております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキありがとうございます!
18
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。