見出し画像

言霊よもやま話 Vol.10 六大伝説 〈かちかち山〉

原典:『世界維新への進発』(小笠原孝次 著)
編集:新谷 喜輪子 / 監修:杉山 彰


像法末法(ぞうぼうまっぽう)の時を超え、那岐(なき)(名木)、那美(なみ)(波)二神の産霊が鳴る日は近い

或るとき、爺さんが狸を一匹捕えて来た。爺さんの留守に狸は婆さんを殺し、婆さんに化けた狸は、狸汁と言って婆さんの肉を爺さんに食べさせた。そこで狸は正体を現し、悪口を吐きながら山へ逃げて行った。「婆食った爺よ、流しの下の骨を見ろ」。

爺さんは日本の天皇、婆さんは日本の学者、政治家と釈く。狸(たぬき)は田抜(たぬ)きの咒示、言霊の田、すなわち天照大御神の御営田(みつくだ)(神田(みとしろ))のない思想、五十音言霊の田の範疇がない事で、この思想は、崇神天皇以来、盛んに爺さんの家である日本に輸入された、主に仏教である。狸が婆さんを殺したというのは、田の無い思想が、御斎田(みつくだ)の原理の操作施行に任じていた政治家、学者たちを征服してしまったという事である。

流しの下には、婆さんの骨が散乱していた。骨組だけで、布斗麻邇の実質である言霊がない。同床共殿廃止後の封印された神道であり、骨を撫でて美しかった昔の姿を偲んでいるのが今の神道である。

狸は山へ逃げたが、その山は、高野山金剛峰寺、比叡山延暦寺、身延山久遠寺等々。狸坊主は緋の衣を着て、般若湯で酔っ払って、ふんぞり返っている。しかし、この物語は悪口を言う為のものではない。

嘆いている爺さんの所へ兎が訪ねて来た。鰐鮫(にわさめ)の数を数えようと皮を剥がれた「稲葉(いなば)の白兎」だ。万有(う)を裂き(さき)分析し、成立ちを究めようとする科学の事である。兎は婆さんの敵討ちを約束した。兎は狸を柴刈りに誘い、山道で狸の背中に「カチカチ」と火打石を打った。

狸が怪しむと、ここはカチカチ山だと答えた。狸は背中に大火傷をした。柴は、言葉、道理の事である。柴刈競争とは、科学と宗教の力比べである。

兎の科学には独特の法があり、それは火だ。火打石、竈(かまど)の火から第二の火の電気、第三の火の放射線になった。この科学の火に狸の宗教は大打撃を受けたのだ。

兎は、薬と言って唐辛子を狸の火傷に塗ったので、狸はまたひどく苦しんだ。唐辛子は近代科学に当たろう。

とどめに兎は狸を誘って魚釣りに出かけた。兎は木舟、狸は泥舟である。泥舟は沈み、狸は溺れ死んでしまった。こうして兎は首尾よく婆さんの敵討ちをしたのである。魚(な)は名(な)(言葉)で、名を釣るとは事物の大義を明かにする道の発見、実践である。木の舟には筋目があり、原素の周期律、電子数、陽子の中実、放射性物質の放射能半減期等、数として全て条理が定まっている。対して泥舟は木舟に到底対抗出来ない。像法末法の時、兎の科学と狸の宗教が実相界(海原)で力比べをして、泥舟はあえなく底の藻屑、崩壊消滅するとの予言が、この「カチカチ山」である。

これには後の物語がある。宇宙は伊邪那岐(なき)(名木(なき))、伊邪那美(なみ)(波(なみ))の産霊によって成るが、名木は粒子、波は波動。物理現象としての粒子、波動と、精神現象としてのそれとが感応同交し、物体即精神、精神即物体が、融通無碍に交わる時が来る、早ければ十年の未来に予想できる。

(つづく)

スクリーンショット 2020-10-12 18.08.22


・・・・・・・・・・

【小笠原孝次(おがさわらこうじ)略歴】
1903年 東京都にて生誕。
1922年 東京商科大学(現在の一橋大学)にて、
吹田順助氏よりドイツ文学、ドイツ哲学を学ぶ。
1924年 一灯園の西田天香氏に師事し托鉢奉仕を学ぶ。
1932年 元海軍大佐、矢野祐太郎氏および矢野シン氏と共に
『神霊密書』(神霊正典)を編纂。
1933年 大本教の行者、西原敬昌氏の下、テレパシー、鎮魂の修業を行う。
1936年 陸軍少佐、山越明將氏が主催する秘密結社「明生会」の門下生となる。明治天皇、昭憲皇太后が宮中で研究していた「言霊学」について学ぶ。
1954年 「皇学研究所」を設立。
1961年 「日本開顕同盟」(発起人:葦津珍彦氏、岡本天明氏ほか)のメンバーとして活動。
1963年 「ヘブライ研究会」を設立。
1965年 「ヘブライ研究会」を「第三文明会」に発展。
1975年 「言霊学」の継承者となる七沢賢治(当時、大学院生)と出会う。
1981年 「布斗麻邇の法」を封印するため七沢賢治に「言霊神社」創設を命ずる。
七沢賢治との連盟で山梨県甲府市に「言霊神社」創設する。
1982年 79歳にて他界。

【著書】
『第三文明への通路』(第三文明会 1964年)
『無門関解義』(第三文明会 1967年)
『歎異抄講義』(第三文明会 1968年)
『言霊百神』(東洋館出版社 1969年)
『大祓祝詞講義』(第三文明会 1970年)
『世界維新への進発』(第三文明会 1975年)
『言霊精義』(第三文明会 1977年)
『言霊開眼』(第三文明会 1980年)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

嬉しいです!
20
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

言霊よもやま話
言霊よもやま話
  • 15本

言霊三部作(『言霊百神』『言霊精義』『言霊開眼』)を執筆した、わが国の言霊学第一人者である小笠原孝次先生の『世界維新の進発』がいま、エッセイ集『言霊よもやま話』として登場。