見出し画像

名詩「青春」から読み解く、大切なメッセージ

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

今回は4月からの新体制に向けて、心機一転、新たな気持ちで進んでいくために、サムエル・ウルマンの『青春とは』という詩の内容に触れた内容となっております。

戦後の日本人に勇気と希望を与え、高度経済成長の原動力にもなったサムエル・ウルマンの名詩『Youth』を、ロングセラーとなったあの名曲、「千の風になって」の訳詞・作曲者である新井 満氏が大胆に自由訳を行ったことでも知られる作品。

「青春とは何か?」という力強いメッセージが込められたこの記念碑的な作品からは、年齢はあくまでも一つの指標に過ぎないこと。また、かけがえのない一瞬一瞬にいかに生きるか?ということが人生において大事であるということが、伝わってくるようです。

一人ひとり、感じ方は異なるかと思いますが、こちらの詩からどのようなメッセージを受けとったのかが語られましたので、ぜひご覧いただけたらと思います。

おはようございます。

先程、社内でもお話がありましたように、
4月から体制が一気に変わることを含めて
今、色々な体制の見直しを行っています。

そのための心構え的な、一番基本のものを、
先般皆さんにお送りしたと思います。

それが何かと言いますと、
サムエル・ウルマン(Samuel Ullman)の
『青春とは』という詩です。

これを皆さんにお送りしまして、
Paroleでもこちらを公開いたしました。

これは簡単に何を言っているかと言いますと、
青春は年齢に関係ないということですね。

この続きをみるには

この続き: 1,051文字

名詩「青春」から読み解く、大切なメッセージ

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキありがとうございます!
12
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。