見出し画像

情報の真偽を見極めるために、今必要なこと

こんにちは。
Parole編集部です。

日々の朝拝の後に様々な気づき、また、その時に最も重要だと思われる情報を共有するための時間があります。

本日は、連日さかんに報道されている国内のコロナ感染者数の話題に触れた上で、受け身ではなく情報の真偽をしっかりと自らが見極めることの重要性について、大事なお話がありました。

コロナを始めアメリカ大統領選のニュースを、どのように受け止めるのか?
これは一人ひとりの情報の受け止め方にかかっていると言っても過言ではありません。

ここで改めて「情報」のもたらす力と影響力を考える意味で、参考にしていただけましたら幸いです。

おはようございます。
最近より寒くなってまいりまして、
テレビでも連日コロナの話題が出ています。

1月7日にNHKから、ある記事が出ておりました。
それはどういう記事かといいますと、
この時期のインフルエンザの感染者の数が
69人ということらしいんですね。

国立感染研究所に届け出が行くわけですけども、
毎年1万人から10万人の届け出があるのに、
今年は69人しかいないということなんですね。

一方コロナはというと、連日報告されている通り
ということになるわけです。

これは誰がどう考えても、ちょっとおかしい
ということになるわけですけども、
こういったことを誰も触れないという、
今の日本の現状があります。

またコロナの数が増えているということを、
いわばコロナの発症率というふうに
テレビでは報道していますけども、
要は検査をした数が増えれば、
自動的に増えますので、
全然発症率でも何でもないわけですよね。
検査数が増えたということです。

ところが、それに関しても
誰も疑問を呈していない、
ということが起きているわけです。

何を言いたいかといいますと、
ここだけの問題ではないのですが
本当に人間の知性が問われる時代というのが、
明確になってきたなと思っているんですね。

今回、コロナの良かった点としては
いかに私たちが正しく物事を見ていないか?
ということを、露呈している現象などから
考えられるわけですね。

アメリカの大統領選もそうですけども、
私たち一人ひとりが
完全に受け身になって、
来た情報を鵜呑みにしていると
それこそ集団で自決するような、
そんな話になりかねないということなんですね。

私たちは盛んに、日本の危機
ということを訴えていますし、
またこれは世界的に見て、
文明の危機にあるという
考え方をしているわけです。

本来、人は人として、まともな物の見方、
知性というのがあって然るべきです。

実際、仏教の教えでもそうなのですが、
未だ私たちは、
実は人になっていないのではないのか
という見方があるんですね。

まだ人になる途上の段階にある
という見方があるわけでして、
それを獣に例えたり、色々するわけです。

ですから、ここで真剣に
我々人類がどうあるべきかを考えませんと、
先程の小学生でも分かるような
おかしな話を鵜呑みにしたり、
あるいは信じてしまって、
自らの文明を終息させようとしているような、
そんな状態にあるといえるわけなんですね。

ここはやはり気づいた人が、
しっかり正しい方向に、
あるいは新しい文明に向けて、
手綱をとっていかないと、
本当に知性の終焉となってしまいます。

今まで学校で何をやってきたのか
という単純なことも理解できないような、
そんな人間が集まる時代になってしまいました。

そこを超えるという意味においても、
しっかりこの新たな文明、
これは先日お話したように、
「とほかみ文明」という表現がありますが、
そこに向けて、我々同士が、
気づいた者同士がしっかり手を握って、
突破していきたいと思っております。

今日のテーマは「まともな見方をしよう」と、
普通は小学生に言うようなお話で
たいへん恐縮なんですけども、
物事を正しく見ることが大事、ということですね。

それをするための鎮魂でもあり、
祓いでもあるわけです。
そういったことも含め、
またこれから共に
頑張っていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

やったー!
31
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。