見出し画像

キラ✨メンタルDNA 〜目に見えない意識から現実を創造する3段階〜

執筆:ラボラトリオ研究員 きむら真


梅雨も後半の2020年7月中旬です。

今日もこちらの記事を
お読みいただくことで
ご縁をいただき
ありがとうございます。

前回記事では、
意識科学という言葉を
紹介させていただきました。

以下、前回の記事から

意識科学で扱う根源的なものは
肉眼ではみえない、
粒子でも、波動でもない存在です。

私たちが意識のコントロールによって
<持つか・捨てるか>
<創るか・消すか>
トレーニングすれば管理できるようなものです。

わたしたちの健康状態に関係する
「見えない力」の理論について
仲間と深めていくことが
筆者の重要な使命、、、


実際のところは
理論を深めるだけでなく
「見えない力」を
取り扱いできる人
を増やしたいな!と
感じています。

そうすることで
健康な人が増え、幸せな人が増え、
公、文明が進化する
と信じています。

ですから
みなさんが自分の人生を
思い通りにする
根源的な方法に
ついてお伝えしたいのです。


根源的なもの
ことばでは色々な表現ができますが、
「描写が不可能な存在」と今は表現しておきましょう。

自分の人生を意図したとおりに
「描写は不可能な存在」を
デザインするための3つのステップ
を紹介します。

まず、みなさんは
自分の人生はどのように
創られていく

考えていますか?感じていますか?

理論的な理解と
腑に落ちる度合い
によって影響はありますが、

おおよそ
「信じていることが人生に影響を与える」
と考え、感じられているのではないでしょうか?

どうでしょう?

このあたりは
この記事から一方通行ではなく
お一人お一人の考えを
伺いながら進めていきたいところです。


目標が明確な人のための3つのステップ

【ステップ1】<自分が何を信じているかを把握する>

画像1

信じていることが人生に影響を与える
のであれば、
何を信じているかを把握することは
重要です。

問題は私たちが信じていることは
かなりたくさん意識の中に
インプットされているので、

まず、
自分の人生の中で変えたい状況や状態
に関連する意識の中の「信じている内容」
を見つけることをおすすめします。

もし、もっと成功したいなら
成功を邪魔している
あなたが信じている内容は何か?

もしもっと健康になりたいなら
健康増進をブロックしている
あなたが信じている内容は何か?

それを明確にすることで
着実に人生をデザインし直すことができます。


【ステップ2】<消滅させる>

画像2

ステップ1で
邪魔しているもの
ブロックしているものが見つかったら
決断します。
それを消すか、
そのままにしておくか。

もし目標推進を阻むものがあれば
それは消滅させておく方が
達成はスムースです。

ステップ2を飛ばして
ステップ3へ向かうことも可能ですが
目標達成にかかる
エネルギー、労力、時間、等々が
ステップ2を実施した場合と
そうでない場合では
違いがあります。


【ステップ3】<目標を推進するものを創る>

画像3

目標を推進する
意識の形をつくります。

「信じていることが人生に影響を与える」
のであれば

目標達成が推進することの確信度をあげること
が一番です。

ただし厄介なのは
「そうなったらいいな〜」という願望と
「必ずそうなる」と信じることの
違いを認識していないことがある
ということです。

「何かを信じること」ということの
技能をあげる必要があります。

これまで
目標達成した経験は全員あります。

生まれてきた
成長してきた
今、ここにいる

などなど。

達成したことは証拠や経験があるので
信じやすいですが、

未経験のこと、未来に向かって
創造するための
信じる術はとても重要です。

その術・方法はたくさんあるかもしれません。

自分が目標を達成する
意識状態を創る方法の中から
自分にあった得意な術・方法
身につけるのが良いのではないでしょうか?


今日は3つのステップの概要をお伝えしました。

情報だけで十分な方もいらっしゃると思います。
また
もっと深く意識を探求する術を身につけたい
と感じる方もいらっしゃると思います。

ことばだけでは伝えられない
「描写が不可能な存在」を伝えることは
個人的にはやりがいのあることだと感じています。


いつか
お一人お一人の
意識とふれあいながら
探究と意図的な現実創造を進めていく
場ができることを祈って。

次回記事もまたお楽しみに!

※読者の皆さまへのお願い
皆さんの
感じていること、知りたいことを
こちらのアンケートフォームからお知らせください。

共有してより良いものをつくりあげていくスタイルに
ご一緒できれば幸いです。


・・・・・・・・・・

【きむら真(生命科学博士)プロフィール】

鳥取大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。理化学研究所、長寿医療研究センター、ロズウェルパークがん研究所研究員。
日本大学医学部助教を経て、細胞、遺伝子検査、自律神経系、心理調査測定からエビデンス・科学データ解析結果を提供し、健康・心・意識をよりよくするサポートを提供する、サイエンスコンサルタント。
DNA研究~意識科学研究を日常生活や企業活動に実践することで、一人一人の能力を発揮できるストレスフリー、制限フリーな個人、組織づくりをお手伝いをしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

スキありがとうございます!
18
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。

こちらでもピックアップされています

やそマガジン
やそマガジン
  • 144本

やそとは八十。すなわち“すべて”の意。ラボラトリオ研究員たちの本音がここに。