見出し画像

三種の神器をもって降臨をするということ 縄文から瑞穂の国まで、タイムマシン的に葦原の中に瓊瓊杵命が降り立つというイメージ...

豊葦原の中つ国に、三種の神器をもって、ひとつの降臨をするということ
稲作が行われていない縄文の頃から、瑞穂の国まで、時間を縮めて、タイムマシン的に捉えると、ちょうど中つ国に、葦原の中に瓊瓊杵命が降り立つというイメージになる


『はふりこと』より 〜 2020-12-18
https://twitter.com/hafurikoto/timelines/1340072599531896833
こちらはリアルタイム配信システム『はふりこと』より
2020-12-18のツイートをまとめた記事となります
ツイートは時系列に沿って過去より順番に並びます

■『ツイートをさらに表示』 ↑ のボタンを押すと ■
残りのツイートを表示をすることができます

■ リアルタイム情報配信システム「はふりこと」へのアクセス ■
以下より「はふりこと」(Twitter)にアクセスいただけますhttps://twitter.com/hafurikoto

■ 情報配信の方針は「情報憲章」に則っています ■
https://docs.google.com/document/d/12wi-0eRHrDzQJPbxWALsxM9HBw7IH8SsvAL1olSJ9uU/edit

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

やったー!
19
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。