見出し画像

真の武道の世界に、“勝ち負け”は存在しない?

こんにちは。
Parole編集部です。

私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。

この度は、先般の元稀勢の里関(荒磯親方)のお話を踏まえて、相撲の武の意味についてのお話がありました。

武道という観点から相撲を見る時、やはり勝負の世界においては戦い、敵・味方という二項対立の思考に陥ってしまうこともあるでしょう。しかし本来の横綱の戦い方には、二項対立を超えた戦い方と究極の美学があるといいます。

では、この勝負の世界を超えていくためには、どうしたらよいのでしょうか。

今身近に起こっている出来事や社会情勢を踏まえて、二項対立を超えていくためのヒントをお伝えいたします。

おはようございます。
先日、稀勢の里のお話を
お知らせさせていただきました。

その後のはふりことに、
そちらに関する七澤先生の
大事な言葉がありましたので、
とりわけ重要であると思ったポイントについて、
皆さんにもお伝えしたいと思っております。

いわゆる、相撲の武という世界というのは、
究極の美だというふうに
七澤先生はおっしゃるわけですね。

では、その美というのは
どこから来るのかというと、
横綱の戦い方にそれが出てくるのではないか、
ということですね。

この続きをみるには

この続き: 1,388文字

真の武道の世界に、“勝ち負け”は存在しない?

Parole

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Parole

この記事は素晴らしい!面白い!と感じましたら、サポートをいただけますと幸いです。いただいたサポートはParoleの活動費に充てさせていただきます。

嬉しいです!
17
ラボラトリオでは、人類の進化発展に寄与できる文章を作成し、それを“言霊”として実現できるレベルに高めてまいります。 そうした思考実験の過程をご紹介させて頂くと共に、言葉や思考を生み出す元となる“概念”がいかなるものか、これまでオープンにしてこなかった情報を含めて公開していきます。